Mダックス らん&アレン と 子どもたち

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長女 譜読みで大忙し

年明けから母&祖母が同居することについて大家さんに相談した結果
一部屋増築していただくことになり、昨朝から工事が始まりました!
まゆげ達は、人の出入りや音でワンワン!なので、工事によって、
少しは人や音に動じなくなってくれるのではないかと期待してます♪

さて、長女は先週の土曜日に涙涙の3年生の引退式を終え、ユーフォニアム
だけでなくチューバも両方受け持つことになったようです。
テナーとバスの両音域の楽譜を手に、せっせと譜読みを励んでいます(^^)

2012092501.jpg
★★★妹&まゆげに囲まれて譜読みに励む長女★★★

昨日の夕方は、長女の広汎性発達障がいの関係で毎日服用している薬
の処方を受けるため、仕事帰りに筋肉痛と戦いながら駅裏の病院まで
自転車を走らせ、先生に長女の様子をお話し指示をいただきました。
先生のご指示通り、時々部活の休息を意図的に取り入れながら、薬と
うまくつきあって、現時点では落ち着いて楽しく過ごせています。

6年前に主治医からハンディを告げられた時の衝撃と受容、娘と一緒に
泣きながら歯を食いしばりながら、いつかこの努力は花開くと信じて
ひたすらに療育に取り組んできた日々が懐かしい・・・。
私との二人三脚は、いつの間にか友達・先輩とのチームワークに移行
していて、少しずつ少しずつ親の手から自立へ向けて、周りの協力を
いただきながら、自分の足で歩き初めている娘の姿を見ている自分を
想像すらできなかった。

だから、吹奏楽の演奏を聴く時は、多分他の保護者の方とは違った
感動を胸に、毎回毎回力強い拍手を贈っていたりします。

当たり前のことが一番難しくて、当たり前のことが当たり前ではない
ということを、この子でなければ知ることはなかったと思います。
スポンサーサイト

| 長女Diary | 08:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

らん&アレンママ 様
記事を読んで、思わず涙ぐんでしまいました。
私も同じ気持ちです。
なりふりかまわず、気が狂う思いで乳のみ子をかかえて病院通いした頃が懐かしです。
今では、小学校で配慮をうけながら、彼なりに自分で心の成長を遂げてるようです。

長男が生まれるまでは、多少の病気は別として、自分の子がハンディを持つなんて想像さえしてなかった。
健康な子を…とは、心から望んていましたが、実際、自分が大きな壁にぶち当たって、初めて当たり前の生活がどれだけ貴重な物か分かった気がしました。

そして、これから、この子が将来、立ち向かわなければならない壁に比べたら、自分の悲しみなど微塵でもないと。

でも、何かあった時、いつでもクッション役になれるよう、母は元気でなければなりませんね。。

今回、腰痛悪化は想定外の大失敗でした(-_-;)
ご心配おかけしました。
本当にありがとうございました<(_ _)>

お互い、悩みはつきませんが、体には気を付けて、強い母演じましょうね!!



| まろぷー | 2012/09/25 10:28 | URL |

まろぷー様

その後、腰の調子は如何ですか? 
なかなか自分の体を顧みる機会が無いまま過ぎてしまいがちですから、ゆっくりしっかり治す良い機会と思って、リハビリ頑張ってくださいね(#^.^#) 母もナマモノですから、そういう時もあるある!

子どもが生まれた時、まず目に見える異常がないか確認をして、親としてごく普通に子の未来を思い描きながら子育てをしていました。でも、どこか何かわからない違和感はありました。
告知された時、未来を気に掛けることのない状態で産んであげられなかった自分を責めました。
同時に、これまでもやもやしていた違和感が、まるでパズルのピースが見つかったように、ぴったりはまったという感覚もあり、心は複雑でした。

『普通』を目指して、苦しい苦しい二人三脚の時期もありましたが、普通じゃなくてもいいのではないか、この子はこの子でいいのではないか。ただ、手帳を持つことができず健常者と同じ土俵で社会で戦うしかないことは明確(仮に手帳が取得できたとしても、福祉が手厚い訳ではなく、その努力と苦労は同じ)なので、長く生きて、生きる術を教えられるだけ教えて、彼女なりの生き方を見届けたい。
見届けるまでは死ぬ訳にはいかない。穏やかになってきた今も、腹の底にはこの目標があります。

子どもの世界は残酷なところがあるから、まろぷーさんもいっぱい泣いてきたのでしょう。

定型発達の次女を見ていると、多分、長女のような心配は無くても、別な心配はやっぱりあって・・・(^_^;)きっと、どんな子でも親である限り、多かれ少なかれ、同じような気持ちがあって、やっぱり泣き笑いをして生きているんだと思いました。

| ラン&アレンママ | 2012/09/25 22:01 | URL |

お姉ちゃん、こうやってコツコツと熱心に打ち込めるものに
出会えて良かったですね(^^)。
私は中学時代、部活が長続きせず、結果、帰宅部だったので本当に羨ましいです。

私も、子供が大きくなるにつれ、自立して生活できるように育てなければという気持ちが大きくなってきました。
勉強より大切なことを伝えていけないなぁって思ってます。

強い母の仲間に私もいれてくださーい(^^)。

| naga | 2012/09/25 22:06 | URL |

naga様

先程、うっとおしくボサボサに伸びた髪を切ってきました♪
すっきりしたーーー\(^o^)/!

そうなんですよ!良い先輩たちに恵まれて、初心者ながら、楽しい楽しいと続けられるものが増えて良かったです♪ 元々音楽は大好きなので、ピアノに楽器と音楽だらけですが趣味の範囲が広がったと喜んでいます(#^.^#) 生涯を通して、楽しめる趣味のひとつにできたらいいなと思います。

nagaさんのところのお兄ちゃんは、とってもしっかりしているなって、いつも記事&写真を見て感心しています♪ 来年は中学生、お兄ちゃんは部活又は趣味の広がりなど、どんな風に自分で歩いていくのか、とても楽しみですね(^^)/
ホントに、勉強も大切なので、基礎くらいはしっかりして欲しいけれど、レベルの高い高校や大学へ行ったからといって、イコール自立ではないですものね。※望む学校へ行けるに越したことはないけど(^_^;)

生きる力は大切と、私も思います。
スモールステップで、できることを少しずつ増やして、大人になった時に何とかできるように、一緒に住んでいるのだけど、一人暮らし(とか寮に入ってる)のつもりでいるように心がけています。
お姉ちゃんは、毎日自分のブラウスのアイロンがけや洗濯干し、弁当作り一部(卵焼きは作れるようになりました(#^.^#))をするようになりました。私も楽ちんで一石二鳥です♪
・・・私がサボりたいのかも?(汗)

nagaさんも仲間ですよ~♪ いつの日か、子ども達は元気に生活しているわ(^^)って報告しあえる時を楽しみに、お互いにがんばりましょうね(#^.^#)

| ラン&アレンママ | 2012/09/26 21:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://berryhimawari.blog.fc2.com/tb.php/257-d4ded063

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。